医療法人博侑会 吉岡医院
診療時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。
日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス

ワクチン1回目打ちました

2021年4月27日

3度目の緊急事態宣言が始まり、
今年もまたSTAY HOMEな
ゴールデンウイークになってしまいました。

まさか昨年4月の緊急事態宣言から1年も経ち、
いまだにこんなに状況が続いていて、
さらに悪化しているなど誰が予想したでしょう。

「夏の東京オリンピック・パラリンピックは、
人類が新型コロナウィルスに打ち勝った証として…」

今となってはいつどこの誰が言っていたのか、
(ほんの3か月前に内閣総理大臣の菅さんが言っていました)
切り札のワクチンさえも全く間に合わず、
何を根拠に言っていたのでしょうか。

イギリス、ブラジル、南アフリカに続き、
最近ではインドと新たな変異株が続々発見され、
コロナの戦いは想像以上に困難です。

皆様もGWはできるだけ外出を控え、
安全にお過ごしくださいませ。

 

 

さて、
医療従事者に対し2月からスタートしたワクチンですが、
ようやく我々診療所にも届くようになりました。

私自身も24日に当院でワクチンを打ちました。

ヨーロッパのどこからかは知りませんが、
ニュースなどで伝えられた数々の承認や手続きを経て、
遥々飛行機で届けれられたたった1本のワクチン。

四角の箱の中央にポツンとおかれたワクチンは、
まるで宝石を眺めているような気分で
とても神々しく輝いていました。

このワクチンは取り扱いが非常に繊細で、
振動や圧力に弱いそうです。
従って希釈や取り出しにとても気を遣います。

まさに箱入り娘といったところです。

ワクチン希釈のための動画も出ています。
https://www.youtube.com/watch?v=FJGFj8bH1h4

これをもとに看護師さんが専用の針で
慎重に6人分とりわけてくれました。
見ているこちらもハラハラします。

実はワクチン接種の現場で一番大変なのは、
ワクチンを打つ医師や看護師ではなく、
このワクチンを人数分に取り分ける作業です。

激しく振ってはいけない、
バイアル内の圧を高めてはいけない、
針穴からワクチンが漏れてはいけないなど、
大変気を遣う作業です。

わずか0.3mlを取り分けるのですから、
なおさら繊細さが求められます。

因みにこのワクチンは筋肉注射です。

私も普段は筋肉注射は行わないので、
やはりYouTubeなどの動画を参考に、
打つ場所や穿刺する角度を勉強しました。

打つのは特に問題ありませんでした。
肩峰から約10㎝末梢の位置で、
三角筋まで垂直に針を刺し注入します。

逆に打たれるときは少し緊張しました。
私はかつてある抗生剤で、
急激にアレルギーを起こしたことがあります。

その時は顔が真っ赤に紅潮し、
体が熱くなり動悸がしたのです。

院内に常備していたアレルギー薬を内服し、
しばらくして収まりました。

もちろんアナフィラキシーまでは
行きませんでしたが、
確かにアレルギーが起こったと思います。

それなので、万が一
アナフィラキシーが起きて迷惑をかけないか、
少し不安に感じていました。

打ってからしばらくは妙な気分でした。
体に感じるあらゆることが、
副反応の前触れのような気がしました。

5分経過、
何も異常ありません。

10分経過、15分経過…、
目安の30分が経過しましたが、
体には異変は起きませんでした。

結局翌日に少し腕が痛くなった程度で、
腕が上がらない、熱が出る、体がだるいなどの
全身的な副反応は起こりませんでした。

そして今日も元気に仕事ができました。
本当にありがたい限りです。

次回はゴールデンウイークを挟んで
3週間後になります。
2回目の方が副反応が強いので、
やはり2回目も緊張するかもしれません。

「案ずるより産むが易し」

2回目の接種もサッと終わらせたいです。

 

 

明後日よりゴールデンウイークが始まります。
今年は医院の設備改修工事があり、
4月29日(木)~5月5日(水)まで休診いたします。

平日の4月30日(金)、5月1日(土)も
お休みいたします。

皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは皆様
コロナ感染に気を付けながら
素敵なGWをお過ごしください!

 

 

吉岡医院  吉岡幹博