医療法人博侑会 吉岡医院
診療時間 午前9時~/夜診17時~
婦人科は夜診なし
休診日 日・祝/木・土(午後)
婦人科は木・日・祝
  • 0120-12-7149
  • 075-451-0164

コロナワクチン接種は加速した矢先に大ブレーキ

2021年7月7日

雨模様の毎日です。
各地で災害も発生し、
特に今日明日は大雨の予報です。

十分お気を付けてお過ごしください。

 

 

さて、
コロナワクチン接種が
大変なことになっています。

7月3日の夜に京都市からメールが来て、
12日からの高齢者を除く1回目の接種を
全てキャンセルすようにとの内容でした。

受け止め方によっては
新規の予約を停止するとの通達でしたが、
今後のワクチン供給が激減するため、
とても1回目を打てる状況ではありませんでした。

今週初めから当院の職員が、
予約していただいた方一人一人にお電話で、
キャンセルのご連絡をしています。

多くの方は報道などで
ワクチン事情が良くないことを知っておられ、
受け入れていただいているそうです。

当院ではないのですが、
やはりキャンセルの連絡をしたところ、
強い口調で非難されることもあるそうです。

 

このような無駄な作業を本来行うべきは、
国から接種を促され一生懸命に体制を整えた
医療機関ではないと思うのですが…。

予約いただいていた方々に対し、
なぜこうなったか国はきちんと説明するべきです。
大臣の会見はまるで他人事でした。

1日100万回目指して接種を進めた、
また本来予定にはなかった職域接種を
大々的に行ったのも問題の一因ではないかと思います。

おかげでワクチン接種は突然の大ブレーキです。
国からは加速するよう命じられていた矢先です。

新規予約を停止するどころか、
今まで予約をとり待っていた方々にも、
キャンセルせざるを得なくなったのです。

集団接種も続々と
中止が発表されています。

休日に出務を予定していた
医療従事者や市職員の方々、
会場のキャンセルなどの費用、
こんなに無駄なことは無いでしょう。

行政の仕事だから誰も痛まないのでしょうが、
これが一般企業で起こったなら、
相当なキャンセル料を請求されると思います。

 

オリンピックを安全安心に開催するため、
唯一の方策としてのワクチン接種。
これが直前になってできなくなりました。

そしてオリンピック開催地東京は、
感染の急拡大を背景にして今晩、
4度目の緊急事態宣言が決まりました。

8月22日までだそうです。

オリンピック開催期間が
7月23日から8月8日まで。

まるまる緊急事態宣言下での
オリンピックとなってしまいました。

 

以前IOC会長が、
「緊急事態宣言下ででも行う」と発言し、
国民から大きな反発を食らっていました。

その時は極端な例だろうと思っていましたが、
まさか現実のものになるとは…、
誰も違和感を覚えないのでしょうか。

 

「アルマゲドンでもない限り実施できる」
としたIOC幹部の発言を考えると、
感染状況や非常事態宣言などもともと関係ないのでしょう。

世界大戦の勃発や巨大隕石の衝突がない限り、
オリンピックはやるというのです。
これが平和の祭典ですので理解に苦しみます。

 

「ワクチン接種を加速させ
安全安心の五輪は実現可能」
5月の首相の発言です。

感染制御、ワクチン接種加速、
全ての目論見は泡となり消えました。

もはや安心安全の要素は一つもありません。
しかし意地でも、
オリンピック開催だけは行うようです。

「国民の命を守る」、
どこの地平から言っているのでしょうか。

 

オリンピックも誰かの利益のために
行われているということが分かった昨今、
以前ほど純粋には楽しめません。

気の毒なのは選手たちです。

感染覚悟の上世界中から集まるのです。
緊急事態宣言下の都市と競技会場のある都市に、
何万人とバブルの中に押し込まれるのです。

オリンピック後、
この政権はワクチン接種など
どうでもよくなるでしょう。

そしてオリンピック終了後の日本は、
どのような状況なるのか…
東京がメインだった感染状況が、
日本中に拡大するがことが予想されます。

終わってみると感染はそれほど広がらなかった、
そんなこともあるかもしれませんが、
それは必然ではなく偶然なのでしょう。

 

ワクチン接種も進まずデルタ株が増加し、
今後の感染拡大が懸念されます。
まだまだ安心はできません。

皆様も引き続きお気を付けください。

 

吉岡医院  吉岡幹博