医療法人博侑会 吉岡医院
診療時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。
日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス

ゴールデンウィークは『STAY HOME』で

2020年4月27日

ゴールデンウィークが始まりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

現在新型コロナウイルスの影響で、
お店や会社の中には、
開店休業状態のところもあると思います。

 

医療機関も同じです。
新型コロナウイルスの院内感染を恐れ、
来院される方も少なくなっています。

 

健診センターなどでは、
ゴールデンウィークの約2週間を
全て休診するというところもあるそうです。

 

また京都市内でも、
内視鏡専門のクリニックの中に、
閉じられるところも出てきています。

 

逆の意味で、
医療崩壊を起こしていると言えます。

 

 

当院はひとまず暦通りの診療を行う予定です。

 

こんな時にでも通常診療していることで、
皆様のお役に立てるかもしれません。

 

定期のお薬が必要な方は、
診察無しで電話での対応も受け付けております。

 

また発熱や全身倦怠感、呼吸がしんどい等
体調のすぐれない方がおられましたら、
出来れば来院前に一度ご連絡ください。

 

院内感染防止のため、
直接発熱外来にご案内します。

 

また発熱外来には、
一度に複数の方が入られないように調整しておりますし、
お一人ごとの診療後には消毒も行っております。

 

安心してご利用ください。

 

 

京都も日に日に感染者が増え、
基幹病院のみならず地域の病院にも
感染者が入院さるようになりました。

 

残念ながら院内感染の報告も
聞かれるようになってきました。
数字に表れない感染者も相当いると思います。

 

 

このゴールデンウイークは、
基本的には自宅で過ごされることが、
大切かと存じます。

 

ここで皆様が個々に移動されますと、
今までの努力が水の泡
ということも考えられます。

 

天気が良ければどこか出かけたくなりますが、
もうしばらくは我慢しましょう。

 

今年は長いゴールデンウイークに
なりそうですね。

 

 

恐らく今の感じで行きますと、
京都の5月6日での緊急事態宣言解除は、
難しいと思われます。

 

いつまで続くかわかりませんが、
このウイルスには人類の協調性と忍耐力を
試されている気がします。

 

現代の医療ですら対応が困難な、
稀有なウイルス感染症かと思いますが、
いつかはコントロールできるはずです。

 

ワクチンや治療薬ができると、
将来的には今のインフルエンザウイルスと、
同じような扱いになるのだと思います。

 

その日が来るまで1年なのか2年なのか。
山中伸弥教授も早い段階から、
長期戦になるとおっしゃっておられます。

 

 

ひとまず今は、
治療法が無い以上は、
感染しない様にするしかありません。

 

 

最近の報告を聞いていると、
50代の若い方の感染者でも突然急変し、
病院に着く前に亡くなることもあるそうです。

 

持病なく若い方で
最初は軽症で大丈夫と思っていても、
突然の「サイトカインの嵐」といわれる
免疫異常をを惹き起こし、
あっという間に重症化することもあるようです。

 

 

とにかく感染しない様に…。

 

 

それは個人のためでもあり、
社会のためでもあります。

 

多くの方が様々な形で、
このウイルスにより
支障を受けておられると思います。

 

これからの生活が、
どうなるかもわからない
不安も多いと思います。

 

もちろん私もその一人です。

 

でもまずは生き延びなければなりません。

 

そのためにできる限り、
感染しないように注意することです。

 

万が一感染すると、
万が一重症化するかもしれません。
死んでしまったらもうそれで終わりです。

 

 

またこの病気に感染してしまうと、
入院を最後に面会謝絶となり、
家族と会うことも直接話すこともできなくなります。

 

もし急変し最悪の経過をたどった場合には、
鎮静剤と共に人工呼吸器に繋がれたのを最後に、
意識が戻ることなく亡くなることもあります。

 

そうなると、結果として入院の日を最後に、
もう家族や親しい方々とも永遠に会えずじまいです。
少なくともお別れするタイミングもありません。

 

そんなこと絶対に避けたいですよね。

 

 

生きていれば今は苦しくても、
きっと何とかなるでしょう。
またいいこともあると思います。

 

今はできる限り、
『STAY HOME』で。

 

 

皆様で力を合わせ、
この難局を乗り切りましょう!

 

 

吉岡医院  吉岡幹博