医療法人博侑会 吉岡医院
診療時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。
日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス

内視鏡検査は感染が落ち着いてるうちに

2020年6月17日

蒸し暑い日が続いておりますが、
皆様お変わりありませんでしょうか。

 

梅雨に入り毎日ぐずついた天気ですが、
コロナウイルスにはどのように働くのでしょうか。

 

もともとコロナウイルスは風邪のウイルスで、
冬場の乾燥した時期に流行することを考えると、
今はいわば真逆の環境です。

 

感染対策が功を奏しているのか、
そんなこと一切関係なく自然の経過を見ているのか、
まだまだ分からないことが多いですね。

 

ただそれも含めていえることですが、
京都はこの1か月くらい、
ほとんど感染者が出ていません。

 

無症候性の感染者もおられるのは事実ですが、
それでもある一定の割合で、
発症する方が出てくると思います。

 

京都のみならず大阪、兵庫などの
かつての流行地でも出ていないことから、
本当に感染者はいないのだと思います。

 

今感染のメインは東京を中心とした首都圏と、
福岡、北海道ですね。
東海地方では散見されますが、
クラスターという程は出ていません。

 

県をまたぐ往来を自粛するというのは、
思った以上に有効なことかもしれませんね。

 

 

 

 

さて当院も5月末の非常事態宣言解除をうけ、
今月から内視鏡検査を通常通り
再開したところです。

 

今月検査を行った方の中に、
大腸がんの方が数名おられました。

 

検査数の少ない当院では
偶然重なった可能性が高いのですが、
全国的に見てどうなんでしょうか?

 

日々何千と行われている検査が、
一定期間行われなければ、
その間見つかるはずの病気が見つかりません。

 

自粛が解除され検査が行われるようになっても、
その時にタイミングよく受けられなければ、
つい放置してしまうこともあるかもしれません。

 

そしてその後また流行が来ると、
検査が中止または制限され、
受けれなくなることも考えられます。

 

今京都は比較的落ち着いています。
昨日は3名の感染者が出ておりますので、
決して安心はできませんが。

 

症状ある方、定期検査が必要な方も含め、
できるだけ早めにお受けになっていただいた方が
いいのではないかと最近思います。

 

また4月のような感染爆発の危険が迫ると、
医療機関としても検査を制限しながら、
院内感染のリスクを少しでも下げなければなりません。

 

この感染が増えたり減ったりの傾向は、
これから1~2年程度続くのではないでしょうか。

 

現時点でも第2波、第3波が懸念させています。

 

受けたいと時、受けなければならない時に、
必要な検査が受けられないのは
精神的にも大きな負担になると思われます。

 

その様な意味でも、
感染が落ち着いている今必要な方は
検査を受けられる方がいいと思われます。

 

当院でも毎日検査は行っておりますので、
ご希望の方はお早めにご相談ください。

 

 

それでは皆様暑い毎日ですが、
熱中症にもコロナにも十分気を付けながら、
お元気にお過ごしください。

 

 

吉岡医院  吉岡幹博